FXのロスカットについて

外国為替保証金取引という言葉をご存知でしょうか。最近耳慣れた言葉に変えていうとFXと言われています。そう、FXは投資の一つです。外国の為替を使った投資方法として、初心者にも人気の投資の方法ですね。このFXは初心者でも簡単に利益を出せると言われていますが、やはり投資をするうえでは必要な知識が沢山あり、本や雑誌また新聞などでの情報収集はかかせません。インターネットを使って最新の情報を仕入れていくのお重要でしょう。そんな風に知識を深めていくと普段耳慣れない単語も沢山出てくることでしょう。ここでは、投資をするうえで絶対に知っておきたいロスカットについて、簡単に説明させていただきたいと思います。そもそもロスカットとは一体何なのでしょうか。

ロスカットとは、強制終了の事を言います。つまり今もっているトレードが強制的に、無理やりに終了させられてしまう事を言うのです。自分の中では為替が変動してたとえ一時的に値が下がっていても、いずれまた再び値上がりして利益が出るだろうと買ったポジションが赤字のものをずっと持っていようと考えたとします。しかし、強制終了はその値に達した時点で機械的にそのポジションが決済されてしまうのです。元々持っていたポジションがこれから上がるかもしれない、なんてことは全く関係ありません。その値に達したら、自分の意思とは関係なくトレードが終了してしまうこと、それが強制終了です。この強制終了は経験したくないものです。その為には、投資を行う時にレバレッジに気を付けることが必要になってきます。このレバレッジが高ければ高いほど損失が出た時は強制終了の可能性が高いからです。安心安全のトレードを心がけるならレバレッジは低い方が良いのです。利益と損失のバランスを考えながらレバレッジをコントロールしていくのです。レバレッジのコントロールができるトレードをしていたら強制終了は何も怖いことはありません。